• 飼育のHow to
  • よくあるご質問
  • お役立ちリンク集
ペット案内
QRコード
QRコードで携帯からアクセスができます。
sample
飼育のHow to

海の雪の結晶 サカサクラゲを飼ってみよう!

和名:サカサクラゲ
英名:Upside-down jellyfish
学名:Cassiopea sp

サカサクラゲは主に砂の上で傘を逆さにして生活し、
最大で直径15cmくらいまで成長する熱帯性のクラゲです

暖かいサンゴ礁の海に生息して、海底でさかさにいることから、
サカサクラゲと名前が付きました
日本では鹿児島県より南の海で見られます。  

褐虫藻と呼ばれる、ごく小さな藻類が体内に共生しています。
褐色なのは体内にこの藻類が共生しているためで、
光合成によってもエネルギーを得るので
短期飼育(1〜3ヶ月)の場合は、エサは与えなくてOKです。

飼育方法は、簡単です。適度な水換え・適度な温度は20℃〜28℃
 (常温でOKですが、低温高温の場合は、寿命が短くなります)
  後は、1日数時間日光浴させて(褐虫藻の光合成のため)だけです
  但し、水温上昇には注意して下さい
  蛍光灯を使用の場合は、出来るだけ強い光を当てて下さい

長期飼育がしたい場合は、小型水槽(水流少なめ)で十分光を当て
 冷凍コペポーダ等を与え水質をきれいに保つと5年は飼育できます

海の雪の結晶 サカサクラゲを飼ってみませんか
海の雪の結晶 サカサクラゲ

ミドリフグを飼ってみよう!

学名 Tetraodon Nigroviridis
原産国 マレーシア半島・タイ・
セイロン・フィリピン等の
東南アジアの汽水域
今、若い女性や子供を中心にフグの飼育が大人気!
そこで人気の理由と正しいミドリフグの飼育方法について
解説していきたいと思います。
まず、最近人気の理由ですが、この可愛らしい姿や泳ぎ方を
見てもらえればご理解いただけるのではないでしょうか?
丸い体に表情豊かな目、パタパタと忙しそうにバタつかせているヒレ
・・・など観賞魚というよりかはペットといったニュアンスの方が
適切かも知れません。
このたまらない愛嬌が人気の秘密です。
ミドリフグ自体は300円〜500円
程で購入できますし、飼育器具もとりわけ難しい物は必要ありません。
この、飼育し易さも人気の秘密のひとつでしょう。 
           
 では実際どのように飼育するのでしょうか?

まずは水槽を用意しましょう。
ろ過装置は外掛け式など簡易的なものでOKです。
飼育適水温は23〜27℃なので、冬場はヒーターの設置が必要です。
汽水域という海水(海)と淡水(河)の混ざり合う河口に生息しているので、
「塩」(人工海水の素)を適量いれてあげる必要があります。

これは水の量に合わせて分量を溶かすだけなので、
難しい作業であはありません。
決してご家庭の食卓塩や荒塩は混ぜないでくださいね!

餌は「アカムシ」や「ブラインシュリンプ」「クリル」などを
好んで食べます。
慣れてくると人が水槽の前に立ったら「餌くれダンス」を
披露してくれるかも知れません。
食欲旺盛ですので水槽立ち上げ直後は
ミドリフグの排泄物で水が汚れやすいです。
失敗しない為にも暫くはこまめにコップ1杯でも
水換えしてあげてください。

愛嬌のある顔をしていますが、狭い水槽に複数いれると
喧嘩する時があります。
小型水槽の場合は数は少なめに飼育するほうが失敗しないでしょう。
さぁ、みなさんもミドリフグを飼育をしてみませんか?


当社オリジナル ミドリフグ飼育セット販売中!
コレ一台でミドリフグが飼えちゃいます(生体割引券付き)